ANA VISAプラチナプレミアムカード詳細レビュー│年会費・還元率・キャンペーン

ANA VISAプラチナプレミアムカード

ANAカードの中でもマイル還元率トップクラスの1.905%!
マイル2%還元のANAダイナースの半額の年会費!

加盟店の多さによる使い勝手の良さと年会費・マイル還元率のバランスを考えると、ANAカード史上最強カードでは無いでしょうか。
しかし、年会費の圧倒的な安さを考えると、コスパ最強カードは「ANA VISA/MASTERワイドゴールドカード」か。

ANA VISAプラチナプレミアムカード

基本スペックをご紹介した後、詳細をレビューしていきたいと思います。
筆者も最近、「ANA VISAワイドゴールドカード」からこの「ANA VISAプラチナプレミアムカード」に変更しました!

ANA VISAプラチナプレミアムカードとANA VISAワイドゴールドカード

ANA VISAプラチナプレミアムカードの基本スペック

ANA VISAプラチナプレミアムカード
年会費80,000円(税別)
割引後 年会費割引制度なし
家族カード年会費4,000円(税別)
割引後 家族カード年会費割引制度なし
ETCカード年会費初年度年会費無料
1回でも利用すれば、翌年以降も年会費無料
1回も利用しなかった場合、年会費500円
ポイント還元率1,000円で1ポイント
(1ポイント=15マイル)
マイル還元率通常:1.5%
最大:1.905%
参考:マイル還元率最大化方法
搭乗ボーナス50%
ボーナスマイル入会時:10,000マイル
継続時:10,000マイル
マイル移行手数料0円(15マイルコース)
海外旅行保険最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険最高1億円(自動付帯)
国内航空保険最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング補償500万円
Edyチャージポイント0.5%
電子マネー楽天Edy / iD
チェックインビジネスクラスカウンター利用可能
(国際線搭乗時のみ)
ラウンジカードラウンジ利用可能
(ANAラウンジは不可)
締め日毎月15日
支払日毎月10日

ANA VISAプラチナカード開封レビュー

ANA VISAプラチナプレミアムカード(以下、ANA VISAプラチナ)ですが、下記のような箱で届きます。

いかにも、普通のカードとは違うネイビーの光沢感あるパッケージ!

ANA VISAプラチナプレミアムカードレビュー01

この箱を開けると、ちょっとした豪華なケース。本棚の片隅に飾っておきたい感じ。

ANA VISAプラチナプレミアムカードレビュー02

ANAカードの一般的なマニュアルに加えて、

ANA VISAプラチナプレミアムカードレビュー03

ANA VISAプラチナ用の各種マニュアル。どれも紙質が高級。笑
プラチナプレミアムグルメクーポンも同封されていますが、この冊子を持ち歩く必要はありません。

ANA VISAプラチナプレミアムカードレビュー04

ANA VISAプラチナの利用可能枠は、デフォルトで500万円となっていました。

ANA VISAプラチナプレミアムカードレビュー05

マイル還元率を最大化する方法

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」の通常マイル還元率は1.5%です。
しかし、「ANA VISA/MATERワイドゴールドカード」同様に、「マイ・ペイすリボ」の活用で、マイル還元率を1.905%まで引き上げることができます。

マイ・ペイすリボによるボーナスポイント(0.405%上乗せ)

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」の発行会社である「三井住友カード」の「マイ・ペイすリボ」を利用することで、独自ポイントシステム「ボーナスポイント」が獲得できます。

「マイ・ペイすリボ」を利用することで、通常ポイントと同額のボーナスポイントを獲得でき、下記のレートでマイル移行が可能です。

ポイント1ポイントあたりのマイル
通常ポイント15マイル
ボーナスポイント(通常移行)3マイル
ボーナスポイント(LINEルート移行)4.05マイル

ボーナスポイントは、三井住友カードのマイページ「Vpass」から通常通り移行すると、1ボーナスポイント3マイルにしかなりませんが、「LINEルート」を経由してマイル移行することで、1ボーナスポイント4.05マイルまで引き上げることが可能ですので、必ず「LINEルート」を活用しましょう!

ボーナスステージによるボーナスポイント(なし!)

ANA VISAワイドゴールドカード」や「ANA MASTERワイドゴールドカード」にある、「V1」「V2」「V3」といったボーナスステージによるボーナスポイント制度は、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」にはありません。

そのため、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」においては、最大1.905%のマイル還元率となります。

マイル還元率2.148%は真っ赤な嘘

よく、陸マイル系サイトやクレジットカードレビューサイトで、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」のマイル還元率最大2.148%なんて書かれていますが、真っ赤な嘘です。

これらのサイトで「最大2.148%」と書かれている理由としては、「マイ・ペイすリボ」活用時のマイル還元率1.905%に、「ボーナスステージV3」による上乗せ0.243%で合計2.148%と勘違いされている為です。

ひとつ上の項目でご紹介したとおり、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」に「ボーナスステージによるボーナスポイント制度」は存在しません。

三井住友カード発行のクレジットカードの大半で「ボーナスポイント制度」が採用されていますが、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」は例外的にボーナスポイント制度対象外となっています。

ANA VISAプラチナプレミアムカードの特徴【長所・短所】

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」の特徴をメリット・デメリットともにまとめていきます!

Edyチャージでのマイル還元対応!

コスパ最強と名高い「ANA VISAワイドゴールドカード」では、Edyチャージでのポイント・マイル還元なしというのが唯一とも言えるデメリットでした。

しかし、この「ANA VISAプラチナプレミアムカード」では、Edyチャージ時に0.5%のマイル還元があります。(ポイント還元ではなくマイル還元)

当サイトでは、「ANA VISAワイドゴールドカード」をメインカードにする場合、「楽天カード」をEdyチャージ用に併用することをお薦めしていますが、「楽天カード」でのEdyチャージの場合、0.5%の楽天ポイント還元、楽天ポイントからマイルへは50%の移行レート。
つまり、Edyチャージ時のマイル還元率は0.25%となります。

参考:Edyチャージでポイントの貯まるクレジットカード

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」なら、0.5%のマイル還元率ですので、現状Edyチャージ時のマイル還元率としては最強の還元率を誇ります。

Edy利用で最大2.0%還元

AMCモバイルプラス」の会員なら、チャージから利用まですべて含めると、3重取りで2.0%のマイル還元率。
「ANA VISAプラチナプレミアムカード」のマイル還元率1.905%を上回りますので、Edy決済可能店舗では、積極的にEdyを活用しましょう!

ANAマイル還元率モバイルプラス非会員モバイルプラス会員
1万円分 チャージ50マイル50マイル
1万円分 Edy利用50マイル50マイル
モバイルプラス特典0マイル100マイル
合計100マイル200マイル
ANAマイル還元率1.0%2.0%

ラウンジ利用

ANAカードプレミアムなら、国内線利用時に航空会社ラウンジである「ANAラウンジ」も無料で利用可能!
「ANA VISAプラチナプレミアムカード」のラウンジ特典について、解説していきます。

【無料特典】ANAラウンジ(国内線)

国内線利用時に限り、「ANA LOUNGE」が無料で利用できます。
無料利用の対象はカード会員本人のみ、同伴者不可となっています。

夫婦で「ANAラウンジ」を無料利用したい場合には、別途、年額4,000円で家族カードの発行が必須となります。

子供のANAラウンジ利用に関しては、
国内線の場合、2歳以下の子供が無料同伴可能。
国際線の場合、1歳以下の子供が無料同伴可能。

特典対象ラウンジ

「ANA VISAプラチナプレミアムカード」で利用可能な空港・ラウンジ一覧がこちら。

対象ラウンジ設置空港
ANA LOUNGE羽田、新千歳、仙台、小松、伊丹、
関西、岡山、広島、松山、福岡、
熊本、鹿児島、那覇空港
ANA ARRIVAL LOUNGE成田空港
セントレア エアライン ラウンジ名古屋(中部)空港
「ラウンジ大淀」の共用待合室宮崎空港

【特典なし】ANAラウンジ(国際線)

「ANAプレミアムカード」であっても、国際線利用時のANAラウンジの無料特典はありません。
ただし、有料での利用は可能です。

ANAラウンジ(国際線)利用料

ANA Webサイトより事前申込:4,000円
空港カウンターで申込:6,000円

【無料特典】カードラウンジ利用可能(同伴1名無料)

カード会社ラウンジは無料で利用可能ですが、多くのゴールドカードで無料付帯しているサービスですので、特に嬉しいものではありません。
カード会社ラウンジの利用に関しては、同伴1名まで無料となっています。

カード会社ラウンジ一覧

日本国内には85の空港がありますが、利用者数上位10位の主要空港のみをまとめています。
また、利用者数ランキング順で並べています。

空港名ターミナルラウンジ名
羽田空港第一ターミナルエアポートラウンジ(1階)
POWER LOUNGE SOUTH(2階)
POWER LOUNGE NORTH(2階)
第二ターミナルエアポートラウンジ(2階)
エアポートラウンジ(3階)
POWER LOUNGE NORTH(3階)
国際線ターミナルSKY LOUNGE(4階)
SKY LOUNGE ANNEX(4階)
成田空港第一ターミナルビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ
第二ターミナルTEIラウンジ
関西国際空港第一ターミナル比叡ラウンジ(3階)
六甲ラウンジ(2階)
金剛ラウンジ(2階)
アネックス六甲ラウンジ(2階)
福岡空港国内線ターミナルくつろぎのラウンジTIME(1階)
国際線ターミナルラウンジTIME インターナショナル(3階)
新千歳空港国内線ターミナルスーパーラウンジ(3階)
国際線ターミナルロイヤルラウンジ(4階)
那覇空港国内線ターミナルラウンジ 華 ~hana~(1階)
伊丹空港中央ターミナルラウンジオーサカ(3階)
中部国際空港
(セントレア)
旅客ターミナルプレミアムラウンジ セントレア(3階)
鹿児島空港国内線ターミナルスカイラウンジ菜の花(2階)
仙台国際空港旅客ターミナルビジネスラウンジEAST SIDE(3階)

プライオリティパス(無料)

世界各国のラウンジが無料で利用できる「プライオリティパス」も無料付帯します。
年会費1万円の「楽天プレミアムカード」でも、「プライオリティパス」は無料付帯しますので、「プライオリティパス」目当ての方であれば、「楽天プレミアムカード」でも良いでしょう!

各空港に設置されている「カードラウンジ」に加え、一部「ビジネスラウンジ」が利用可能です。

コンシェルジュサービス

「ANA VISA プラチナプレミアムカード」は、三井住友カードプラチナコンシェルジュデスクの利用が可能です。
コンシェルジュサービスは多岐に渡り、様々な要望に応えてくれます。

コンシェルジュサービス内容一例

・ホテル予約
・航空券予約
・高級車含むレンタカー予約案内
・ゴルフ場の情報提供
・レストランの予約案内
・海外の買物情報の提供
・カードやパスポートの紛失時サポート
・旅行選びのお手伝い
・オペラ・コンサート・展覧会等の案内
・プレゼントの相談や手配
・簡単な通訳サービス
などなど

また、世界各国から通話料無料(コレクトコール)で発信ができるのも嬉しいです。

ただし、コンシェルジュサービスが使えるプラチナカードだけで言うと、年会費2万円程度のクレジットカードからでもありますので、年会費8万円のカードとしては、付帯して当然の特典とも言えますし、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」をお持ちの方であれば、プライオリティパスの利用頻度はそこまで多くないかもしれませんね。

プラチナグルメクーポン

三井住友カード発行のプラチナカードに付帯する「プラチナグルメクーポン」も無料付帯。
対象レストランで2名以上利用時に、本会員の料金が無料となるサービス。

他カードのゴールド・プラチナ以上のカードでもよくある特典ですね。

他カードのダイニングサービス

AMEXゴールド:ゴールドダイニング by 招待日和
AMEXプラチナ:ダイニングアクセス
ダイナース:ダイナースクラブエグゼクティブダイニング
JCB:グルメベネフィット

名店・高級店がズラリと並んでおり、お得感こそありますが、そもそも行きたいお店が提携してなければ本末転倒な特典でもあります。

特に地方部は提携店が少ないので、お住まいのエリアに提携レストランがあるかどうかもご確認ください。
ちなみに、「プラチナグルメクーポン」の提携店舗の分布は下記のようになっております。(記事執筆時点)

都道府県別 提携店舗数

都道府県別のプラチナグルメクーポン提携店舗は下記の通りです。

プラチナグルメクーポン提携店
北海道3店舗
埼玉1店舗
東京43店舗
神奈川3店舗
愛知12店舗
京都3店舗
大阪22店舗
兵庫2店舗
福岡15店舗

プラチナトラベル

Visaプラチナトラベルは、提携旅行代理店予約時に旅行代金・宿泊代金等が5% or 10%OFFとなる特典です。

優待額と割引上限額

種別割引率割引上限額
国内宿泊10%30,000円
国内パッケージツアー10%30,000円
海外パッケージツアー5%30,000円
海外宿泊・航空券5%15,000円

また、下記が指定代理店となっており、

提携旅行代理店

提携旅行代理店
国内宿泊Visaプラチナトラベル
国内パッケージツアー・メイト(近畿日本ツーリスト)
・ANAスカイホリデー
・赤い風船(日本旅行)
・JALパック
・エースJTB
海外パッケージツアー・ホリデイ(近畿日本ツーリスト)
・ANAハローツアー
・マッハツアー(日本旅行)
・ベストツアー(日本旅行)
・JALパック
・LOOK JTB
・JTBお買得旅
海外宿泊・航空券Visaプラチナトラベル

Visaプラチナゴルフ

国内70ヶ所・海外80ヶ所(ハワイ・グアム・東南アジア)の提携ゴルフ場でのプレー代金から4,000円がプラチナ会員優待として割引となります。

ゴルフが趣味の方には嬉しい優待ですし、年間20回回れば、これだけで年会費の元が取れますが、月1回ラウンドするかしないかという方が70%程度。
プラチナゴルフだけで年会費の元を取れる方はごくごく一部ですね。

Visaプラチナ空港宅配

国際線利用時に、スーツケースやゴルフバック・スキー板などが、プラチナ会員優待価格で輸送できます。

優待価格は、2個まで1個あたり500円、3個目以降は20%OFF。

1個あたり500円、往復で1,000円なので、かなり利用しやすい金額ですね。

ヤマト運輸の「空港宅急便」で160サイズのスーツケースを送る際には、片道2,678円ですのでかなりお得。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)