【コンビニ別】ANAマイル還元率比較│ANAマイラーはどのコンビニを使うべき?徹底検証!

コンビニ別ANAマイル還元率比較

「ANAマイラーはどこのコンビニを使うべきか」真面目に考えたことありますか?
変態な筆者は、真面目に比較検証しました。笑

どのコンビニで、どの支払い方法を選択すべきか、ANAマイラーに捧ぐ「ANAマイル還元率 最強コンビニ決定戦」開幕です。

ANAマイル還元率最強コンビニまとめ

・意外にもデイリーヤマザキ強し。
・ファミマ+楽天Edyが安定!
・ANAマイル還元率は最大2.85%!

【ANAマイル還元率 比較表】 最強コンビニ決定戦!

各コンビニでのANAマイル還元率を徹底比較していきましょう!
やはり、月額300円の「AMCモバイルプラス」に入会して、楽天Edy決済が安定です。
参考:AMCモバイルプラス

比較表を掲載する前に、楽天Edyチャージ時のポイント還元とファミランクの2つについて解説させてください。

・楽天Edyチャージにクレジットカードのポイントが貯まるカードには、マイル還元率にして約3種類(0% / 0.25% / 0.50%還元)のカードが存在します。
下記表では、「チャージ還元」という表記で、これらの3種類のカード別に表記しています。
参考:Edyチャージでポイントの貯まるクレジットカード

コンビニ別
ANAマイル還元率
ファミリーマートセブンイレブンローソンミニストップデイリーヤマザキセイコーマート
共通ポイントTポイントnanacoポイントPontaポイント
dポイント
WAONポイント楽天ポイント楽天ポイント
現金払い0.35%0%0%0%0.5%0.5%
提携クレジットカード0.7%
(ファミマTカード)
0.75%
(セブンカードプラス)
0%
(dカード &
JMBローソンPonta)
0%0.5%0.5%
各種電子マネー
(Edy以外)
0.35%0.5%(nanaco)
0%(各種電子マネー)
0%0%0.5%0.5%
楽天Edy
チャージ還元0%
0.85%
(沖縄:1.35%)
0.5%0.5%0.5%1.0%0.5%
楽天Edy
チャージ還元0.25%
1.1%
(沖縄:1.6%)
0.75%0.75%0.75%1.25%0.75%
楽天Edy
チャージ還元0.50%
1.35%
(沖縄:1.85%)
1%1%1%1.5%1%
楽天Edy モバイルプラス
チャージ還元0%
1.85%
(沖縄:2.35%)
1.5%1.5%1.5%2.0%1.5%
楽天Edy モバイルプラス
チャージ還元0.25%
2.1%
(沖縄:2.6%)
1.75%1.75%1.75%2.25%1.75%
楽天Edy モバイルプラス
チャージ還元0.50%
2.35%
(沖縄:2.85%)
2%2%2%2.5%2%
備考・沖縄県内の店舗のみ
Edy利用時の還元率
0.5%アップ
WAONポイントの
ANAマイル移行は
現実的ではない為
上記表では計算外
(一応可能です。)

結論、やっぱり、デイリーヤマザキ強し!
ただ、店舗数が圧倒的に少ないので、実用性を考えると「ファミリーマート」で楽天Edy+AMCモバイルプラス最強じゃないか!

各コンビニ別の詳細解説

セブンイレブン

nanacoでの支払いで1%(100円で1ポイント)のnanacoポイントが貯まります。
nanaco ポイントは、2ポイント→1マイルで交換できますので、0.5%のマイル還元率となります。

そして、楽天Edy支払いの場合、0.5%のマイル還元率(200円で1マイル)
AMCモバイルプラス」加入で1.5%のマイル還元率(200円で3マイル)
さらに、Edyチャージでクレジットポイントが貯まる場合、1.75%~2.0%のマイル還元率となります。
参考:Edyチャージでポイントの貯まるクレジットカード

EdyチャージでANAマイル還元率0.25%のカードなら、1.75%のマイル還元率
EdyチャージでANAマイル還元率0.50%のカードなら、2.00%のマイル還元率
となります。

nanaco利用時の注意点

nanaco利用時、ポイント付与対象外商品がありますので、ご注意ください。
代表的な商品でいうと、タバコ・公共料金等の収納代行・切手・はがき・各種プリペイドカード・映画券・地域指定ゴミ袋などなど。

nanacoポイント対象外商品

ファミリーマート

ファミリーマートで、選択すべき支払い方法は、「楽天Edy」となります。
Tポイントは、「JQみずほルート」を使えば70%のレートで、ANAマイルに交換できます。
(直接ANAマイルへ交換する場合、50%)

それぞれの還元率を見ていきましょう!

ファミマTカード

200円ごとに2ポイントなので、ANAマイル換算すると0.7%の還元率。
「ファミランク」「火曜土曜限定ポイント5倍」は2019年で終了済みの為、ファミマTカードを所有するメリットはガタ落ちしています。

楽天Edy

楽天Edy支払いの場合、0.5%のマイル還元率(200円で1マイル)
AMCモバイルプラス」加入で1.0%上乗せされ、1.5%のマイル還元率(200円で3マイル)

さらに、Edyチャージでクレジットポイントが貯まる場合、1.75%~2.0%のマイル還元率となります。

さらにさらに、Tポイントが、200円で1Tポイント。
JQみずほルート」経由で、1Tポイント=0.7ANAマイルですので、TポイントでのANAマイル還元率は0.35%。

楽天カードでEdyチャージの場合、0.25%マイル還元。

ANAカード最強還元率を誇る「ANA VISAプラチナプレミアムカード」なら、Edyチャージで0.5%マイル還元。
すべて合わせると、最大2.35%のANAマイル還元率となります。

参考:Edyチャージでポイントの貯まるクレジットカード

沖縄県内のファミリーマートの場合

沖縄県内のファミリーマート限定で、Edy利用時のマイル還元率1%(200円ごとに2マイル)となっています。(Edyマイルプラス)
(沖縄県外のファミリーマートは0.5%)

沖縄県内のファミリーマートでのEdy利用時は、最大2.85%のANAマイル還元率となります。

ローソン(非推奨)

ローソンで貯められるポイントは、「Pontaポイント」「dポイント」の2種類となります。
2019年12月28日の「ソラチカルート」閉鎖に伴い、「Pontaポイント」「dポイント」のANAマイル移行は実質不可となりました。

”実質不可”と書いたのは、カテエネポイント(中部電力)を経由してANAマイルへの移行も可能ですが、交換の手間がめちゃめちゃ掛かる上、中部電力の契約が無いと、このルートが使えない為、かなり使える人は少ないです。

ミニストップ(非推奨)

ミニストップで貯まるポイントは、「WAONポイント」となっています。
このWAONポイントは、ANAマイルへの交換は一応できますが、交換日数と手間が非常に掛かるため、現実的ではありません。(4ヶ月以上、7経路を経由する必要あり)

その為、Edy支払いでマイルを貯めていく方向で、もらえるWAONポイントはおまけ程度に考えておきましょう。

Edy支払いなら、AMCモバイルプラス加入で、店舗問わず、1.5%~2.0%のANAマイル還元率となります。
マイル還元率に0.5%の開きがあるのは、Edyチャージ時にクレジットポイントが貯まるかどうかです。
Edyチャージでクレジットポイントが貯まらないカードの場合、ANAマイル還元率1.5%。
Edyチャージで0.5%のマイル還元率があるカードでチャージした場合、ANAマイル還元率2.0%。

デイリーヤマザキ・セイコーマート

デイリーヤマザキ・セイコーマートでは、楽天ポイントが貯まります。
100円で1ポイント貯まりますので、ANAマイル換算で0.5%の還元率。

デイリーヤマザキ・セイコーマートでは、楽天Edy支払いを併用しましょう。

AMCモバイルプラス会員なら、1.5%~2.0%のANAマイル還元率。(Edyチャージに使用するクレジットカードで、楽天Edyチャージ時にポイントが貯まるかどうかで変動します。)
参考:Edyチャージでポイントの貯まるクレジットカード

さらに、上記の楽天ポイントが0.5%つきますので、計2.0~2.5%のANAマイル還元率となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)