【18万円で解脱】PP単価3.2円!SFC修行は6月30日までがチャンス!コロナリスクもお忘れなく。

ANA PP2倍キャンペーン 202003

先日、「新型コロナウィルスの感染拡大に伴うANAマイレージクラブの特別対応について」で発表された通りになりますが、
2020年6月30日まで限定で、プレミアムポイントが2倍となります。

これはSFC修行僧からすると垂涎モノのキャンペーン!
PP単価重視ならのSFC修行なら、18万円で解脱!
修行期間重視なら、4往復で解脱!

しかし、飛行機に乗ること自体も、新型コロナウィルスの感染リスクになりえますので、
ご自身の判断に基づいて、ご検討ください。
(感染リスクを抑えるためには、自宅待機最強ですからね…。笑)

今回、ご紹介しているのは、すべて国内線でのSFC修行となります。
時期が時期だけに、国際線SFC修行は全くオススメできません。

「PP2倍キャンペーン」の詳細

2020年1月1日~6月30日搭乗分までのPPがすべて2倍となるキャンペーン。
このキャンペーンが発表されたのが2020年3月19日ですが、2020年1月1日~3月19日の搭乗分も対象となります!

期間中のプレミアムポイントがすべて2倍となるので、SFC解脱への道が大幅に短縮されます。

そこで、PP2倍キャンペーン中の解脱への道をシミュレーションしていきましょう。

PP2倍 期間中のSFC解脱シミュレーション

ただし、今から「スーパーバリュー45」「スーパーバリュー55」などの割引率の高いチケットを狙うと、最短で取れるチケットが5月中旬以降となってしまいます。
今から狙うなら、4月下旬から予約の取れる「スーパーバリュー28」あたりがギリギリな気がしますね。

PP2倍キャンペーンが6月末までですので、すぐに予約の取れる「株主優待割引」を活用したプレミアムクラスのフライトが最有力候補かと思います!

各路線の獲得PP一覧(4月・5月価格より)

PP2倍中の各路線の獲得PPが下記の通りです。
SFC修行で多用される路線をピックアップしています。

株主優待運賃プレミアムクラスエコノミークラス
獲得PPチケット価格PP単価獲得PPチケット価格PP単価
羽田-石垣6,920PP45,140円+3,500円
(株主優待)
7.0円3,672PP23,290円
(SV28)
6.3円
羽田-那覇5,720PP36,460円+3,500円
(株主優待)
7.0円2,952PP9,510円
(SV28)
3.2円
羽田-新千歳3,350PP33,010円+3,500円
(株主優待)
10.9円1,530PP10,360円
(SV28)
6.8円
新千歳-那覇期間内に空席なし4,190PP25,390円
(SV28)
6.1円

※上記表の「SV28」=「スーパーバリュー28」

SFC修行 解脱までの費用総額

上記でご紹介したルートを使っての、国内線SFC修行で、解脱までにかかる総費用を下記にまとめました。
株主優待券は、1枚3,500円程度で購入できますので、株主優待券の購入費用も計算に入れています。

SFC修行
費用総額
プレミアムクラスエコノミークラス
羽田-石垣4往復で解脱
合計 389,120円

361,120円(チケット)
28,000円(株主優待券8枚)
7往復で解脱
合計 326,060円
羽田-那覇5往復で解脱
合計 399,600円

364,600円
35,000円(株主優待券10枚)
9往復で解脱
合計 180,180円※1
羽田-新千歳8往復で解脱
合計 584,160円

528,160円
56,000円(株主優待券16枚)
17往復で解脱
合計 352,240円

※1羽田-那覇のエコノミー単純往復で当日中に往復する場合、往路9,510円・復路10,510円のチケットが最安値となります。
(羽田15:40発・羽田23時台到着)

18万円で解脱は驚異の安さ(PP単価3.4円)!

往路9,510円・復路10,510円の組み合わせが空席も豊富に残っており、単価重視の方には最も現実的なSFC修行プランです。
羽田夜発・那覇朝発にすれば、さらにPP単価は抑えられますが、沖縄での宿泊費用が別途掛かる点に注意が必要です。

1往復あたり、20,020円・5,904PP・PP単価3.4円と、かなり最強。

この単価での組み合わせでは1日1往復しかできません。
解脱までに9往復が必要となりますので、PP2倍期間である6月30日までに、9日間SFC修行に費やせる方であれば、最強に美味しいです。

筆者は10日間55万円掛かりました。

筆者は、計10日間、55万円でSFC解脱となりましたので、
9日間18万円で解脱というのは、超驚異的です。笑

参考:SFC修行 国内線

追記:羽田-石垣プレミアムは続々と満席に

この記事を書いているのが、PP2倍キャンペーンをANAが発表した翌日。
筆者は発表当日から、国内線の予約状況を見ていますが、この1日で羽田-石垣プレミアムクラスの満席が驚くほど増えています。

おそらく、羽田-那覇の単純往復が、このPP2倍キャンペーン中のSFC修行ルートとしては現実的なものになるかと思います。
(エコノミー・プレミアム、どちらでも!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)