ルフトハンザ ビジネスクラス搭乗記│フランクフルト-羽田便(LH716)747-800

ルフトハンザ ビジネスクラス和朝食

ルフトハンザ ビジネスクラスクラスレビュー(LH716)

2018年12月下旬、ドイツを代表する「ルフトハンザ」のビジネスクラス搭乗記になります。
機材は、「ジャンボジェット」の愛称でお馴染み「ボーイング747-800」
旅客機として導入しているのは、ルフトハンザと中国国際航空の2社だけですね。

今回も、ANAマイルを使って特典航空券を撮りましたので、費用は空港使用料と諸税で約25,000円程度です。
参考:ANAマイルの貯め方

ルフトハンザビジネスクラス シート

今回は、アッパーデッキ(2階席)を取りました。
シート配列は、フィッシュボーンタイプの2-2。

窓側座席には、そこそこ容量のある荷物入れが窓との間にあるので、お一人さまなら窓側が良いかも。
通路側の人が寝ていても、またいでトイレにいけますので、ご安心を。

筆者は右窓側座席を取ったのですが、後述の中国人と交換してあげたので、通路側になりました。

ルフトハンザ ビジネスクラス 座席

この前のフライトが遅れたり、搭乗早々、中国人に座席を変わってくれと頼まれたりと、忙しなく、足元の写真を撮り忘れました…。
なんとなくですが、こんな写真でご勘弁を…。
座席間に向かって斜めに足を投げ出す感じのシートです。

ルフトハンザ ビジネスクラス カフェラテ

食事メニュー

ルフトハンザの食事メニューがこちら。オシャレ!

ルフトハンザ ビジネスクラス食事メニュー01

和食と洋食の構成。
ルフトハンザでは、やはり洋食がオススメです。
理由は、和食で後悔したからです。笑

ルフトハンザ ビジネスクラス食事メニュー02

食事

今回は、和食を選択。
お吸い物からすき焼きまで味がかなり濃く、ただただしょっぱい。
ご飯も固く、吉野家の方が数百倍おいしいというのが正直な感想。

どうでも良いのですが、この写真に違和感を感じませんか?

ルフトハンザ ビジネスクラス和食01

お吸い物の蓋が上下逆で提供。
高台が見事にお吸い物に浸かってました。笑

これが衝撃的で、夕食の以降のメニュー「うどん」「デザート」などを撮り忘れてしまいました。
うどんもかっぴかぴで、残念。

ルフトハンザ ビジネスクラス和食02

こちらが和朝食。
和朝食は、夕食より大分マシ!

ルフトハンザ ビジネスクラス和朝食

今度からは、メインの食事では、洋食を選ぶと誓いました。笑

アメニティ

こちらが、ルフトハンザ ビジネスクラスのアメニティ。
クリスマスシーズンということで、クリスマス限定のベル付きポーチ。

ルフトハンザ クリスマスアメニティ

中身もいつも通りかと思いきや、アイマスクもクリスマスデザインでした。

ルフトハンザ クリスマスアメニティ中身

機内Wi-Fi

LH716(フランクフルト-羽田便)では、有料で機内Wi-Fiが利用できます。
今回、これを利用してみたので、少しレビューしていきたいと思います。

まずは、スマホでWi-Fiに接続すると、料金プランの画面が表示されます。
LH716便では、下記3プラン構成でした。
・FlyNetチャット(9EUR)
・FlyNetメール&サーフ 4時間(14EUR)
・FlyNetメール&サーフ フルフライト(17EUR)

ルフトハンザ ビジネスクラス Wi-Fi02ルフトハンザ ビジネスクラス Wi-Fi03 ルフトハンザ ビジネスクラス Wi-Fi04

今回は、FlyNetメール&サーフ フルフライト(17EUR)を選択。

ルフトハンザ ビジネスクラス Wi-Fi05 ルフトハンザ ビジネスクラス Wi-Fi06

実際使ってみると、実用性皆無でした。

ダイヤルアップ回線のように遅い。というのであれば、飛行機だししょうがないな。
と納得できるのですが、それどころの遅さではなく、ほぼ接続できないというような状況。

あと、飛行しているエリアによっても、影響を受ける気がします。

国内線の機内Wi-Fi同等の実用性を期待してはいけません。

ボーイング747-800 2階席

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)